まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツワーホリが終了し、現在はグアテマラでスペイン語を勉強中のブログです

エチオピア〜ダナキル砂漠ツアー3日目

 

 

はろー。
超久しぶりのエチオピア旅行記の続きです〜。
 
エチオピア〜ダナキル砂漠ツアー3日目。

朝ごはんを食べて、出発時間まで村を散策。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715092543j:image

民家にお邪魔して、コーヒー豆を炒めているところを見せてもらったり…

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715092551j:image

床屋さんを覗き見させてもらったり…

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715092548j:image

泊まった宿の子供たちに髪を弄ばれたり…

ちなみに、インクの出ないボールペンをクシ代わりに使っていて、そういう使い道もあるからボールペン欲しがるのかな〜とも思いました。

 

そんなゆったりとした時間を過ごして、別の合流チームと合流して11時位に目的地へ出発!…と思ったら、別の村で昼食タイム。

…ゆったり過ぎませんかね。

 

昼食後は、"マッドマックス 怒りのデス・ロード" を思い出すような砂煙ありの荒野を一走り。もちろん、V8ポーズをしながら心の中で「V8!V8!V8!」とお祈りしましたよ…

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715094506j:image

途中で別の車が砂にハマったため救助に行くから待ってくれと言われ待ったり…

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715094512j:image

こんなところ進めるの?っていうぐらいゴツゴツの溶岩の道を進み…夕方ぐらいに火山のベースキャンプ場へ到着。

 

 

ベースキャンプ場でちょこっと休憩、晩飯を食べて、いよいよトレッキング開始の時間。

  

やっと、この日が来たッッ。

私の最大の目的である、マグマが見れるエルタ・アレ火山へ向かうのである。ナメック星なんてどうでもいいんですよ!マグマ!マグマ!

マグマはハワイのキラウエア火山というところでも見れるんですけどね…以前にマグマ目当てでハワイに行った際に、マグマツアーを申し込んだところ「聴覚障害者は、耳の聞こえる保護者の方が同伴でないと無理です。」と断られた経験がありまして。 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715095934j:image

ええ、その日の夜はホテルに閉じこもって一人で悲しくテレビ見ていましたね。

 

なので今回のツアーも、もしかしたら断られるのでは?と思って「聴覚障害者だけど参加しても大丈夫ですか?全然聞こえないし筆談での会話希望です。」といった感じのメールを事前に送ったところ、あっさりOKの返事をもらったのですよ。さすが "Ethio Travel and Tours - ETT" さんやぁ!

そんなわけで、一人寂しくテレビを見ていたあの悲しきハワイの夜から何年か経った今、エチオピアでマグマを見れるチャンスなのですよ…!

 

 

あ、前日の夜にガイドさんからトレッキングにあたって用意するものを言われていたのですが、トレッキング前にも改めて言われたので書いておきますね。

 

〜トレッキングにあたって絶対に用意するもの〜

・靴はトレッキングシューズを履くこと。(私はスニーカーだったのですが、ガイドさんに私のスニーカーを見せて大丈夫か聞いたところOKでした。でも、終わった今なら思うのですが、登山靴があると良いと思います。これは自己責任で。)

・頂上で寝る時の長袖のついた服やジャンパー(寝袋があるので寒くなかったですが、これも自己責任で。)

・ペットボトルの水(多分1.5L)を2本(ドライバーさんからもらっておく。頂上に着いた時は既に2本目を飲んでいたので足りないなと焦ったのですが、頂上でも全員に1本ずつ配給されていて助かりました)

・トイレットペーパー

・ヘッドライト(ランタンを持ってきている強者もいましたが、手が塞がるからヘッドライトが良いと思います)

・リュック(参加者の中にはトートバックでトレッキングしていた強者もいました)

・日焼け止め(私は持ってきてなかったのですが、ガイドさんになくてもいいよって言われました)

 

〜ガイドさんからは言われなかったけど、絶対必要だと思った物〜

長ズボンは絶対履く。マグマに近くにづれ、溶岩層がガラス質のようにもろく足を踏み抜いてしまいがちな上に、地味に切り傷が出来てしまいます。3回も片足を突っ込んでしまった私は、シャカシャカした素材のトレーニングウェアを履いていたのですが穴が空いてしまったので、丈夫な長ズボンがオススメです。

 

 

さて!

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715101444j:image

すっかり真っ暗になった中、マットレスと寝袋を積んだラクダ、兵士と共に約20人のグループでトレッキング開始。

※体力に自信がない方は、お金を払えばラクダに乗って頂上まで行くことが出来ます。あ、今まで述べてなかったのですが、今回のツアーは危険地域にあたるため兵士が同行してくれています。

 

頂上まではゆるやかな登り道で、大きな岩山がないため登りやすい。休憩もところどころあり、ゆっくりしたスペースで登れる。当初は "最後尾になるのは避けなきゃ…絶対にはぐれないようにしなきゃ…" と不安だったが、暗闇のせいか、あまりキツイと思わずグループの先頭についていける!というか、むしろ先頭のガイドさんのすぐ後ろをついて行っているぐらい元気いっぱい。これが火山パワーか。

 

頂上に近くにつれて、頂上から煙、赤いうすぼんやりした光が見える。もうすぐだ。

約3時間後、頂上らしきところに着いたが、マグマは見えない。

うすぼんやりした赤い光は見えるが…もしかして。

火山活動が活発過ぎて危険のため火口に近づけないというアレですか…!?

そんな…なんかマグマが見れないと分かったら、一気に疲れちゃった。くそう。私は運がないのか。

 

…と思ったら、また出発?

あ、これから火口へ向けての本当の出発なのね。なんだよ、もう♡

また歩き、だんだんマグマが見えてくる。マグマが見えるにつれて、溶岩層がもろくなり何回も片足を突っ込んでしまう。そして、ぎりぎりまで近づけるところへ到着。日本じゃ絶対に立ち入り禁止の場所扱いされてしまうぐらい、近くまで。

 

 

マグマだ。

テレビで見てたマグマそのもの。なんて美しいんだ。

マグマの湖みたいなところでは、ポコッ…ポコッ…とマグマが沸騰している。そこからターミネーターの溶鉱炉みたいに水のようになめらかなマグマの川が流れている。

なんて美しいんだ。時々、熱風が吹いたり空に向かって噴出したりしている。恐ろしさを感じつつも、なんて美しいんだ、もっとマグマに近づきたい、触ってみたい、あの中に飛び込みたいと思ってしまう。(実際は一瞬で死ねないらしいですね)

嗚呼、この美しさ、凄さを伝えたいのですが…iPhoneなくしちゃったので…一応、ネットでマグマの写真を探したのですが、こんなもんじゃないんですよ。もっと凄かったんですよ!

 

十分すぎるぐらいマグマを見つめたところで、先程の頂上へ戻る。

ラクダの寝る場所かな?と思っていたところにマットレスが敷いてあり、水と寝袋をもらってたくさんの星を眺めながら就寝。

 

以上です〜。

 

 

〜最近のおすすめ漫画〜

BLUE GIANT SUPREME

f:id:mabushisugirutaiyou:20170715090310p:plain

 

でおなじみの作者によるジャズ漫画ですね。

前シリーズの"BLUE GIANT"から"BLUE GIANT SUPREME"へと続いているんですけど、新たなるシリーズではドイツが舞台なんですね。ところどころにドイツの光景などが入っており、懐かしい〜と思いながら読んでいます。

 

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

長かった3分

 

 

はろー。

ドイツでは毎日バナナを食べていたのですが、こちらに来てからは毎日マンゴーを食べているまぶい太陽です。

マンゴー、本当にうまいです。沖縄や香港で食べたマンゴーより美味しいかもしれない…実は、グアテマラのマンゴーの旬は3〜5月まででとっくに旬は過ぎているのですが、それでもうますぎます…!!南国…いいですね〜。しかも安いですし。ドライマンゴーが大好きなのに、本場の生のマンゴーを食べたことがないうちの弟に食べさせてやりたいです。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713083815j:image

〜ビニール袋に入ったマンゴーのお値段は5Q(約77円)〜

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713083826j:image

〜こんな感じで路上でカットされたフルーツが売られているので、ついつい買っちゃいます〜

商品のラインナップはマンゴー、パイナップル、スイカ、パパイヤが定番といった感じでしょうか。地元の人は、それに茶色の魔法の粉をかけて味わうスタイルのようです。

 

 

さあて。

そんなマンゴー大好きの私が、スティ先に戻るついでにマンゴーを買いに行こうとした時の話なんですけどね。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713083833j:image

屋台スタイルのフルーツ屋さんでマンゴーを買おうとしたころ、店主とおしゃべり中のスティ先のママさんに会いまして。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713083839j:image

お目当のブツを買ってスティ先に戻ろうとしたところ、ママさんが「乗りな〜」とスクーターを指差してくれたんですよ。

ありがたく乗せてもらうことにしたんですが、嫌な予感がしましてね。

何故かというと、アンティグアの道路は石畳のため、でこぼこしているんですよ。

  

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713083920j:image

〜こんな感じの石畳。ヨーロッパの石畳より荒い石畳で、足元をよく見ないと100%の確率で足をくじく危険な石畳〜

 

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170713094109j:image

走ってもらうと、予想通り…

 

 

揺れる揺れる。

 

 

でこぼこした道だから、さすがに速度は出せないが、それでも揺れる。

 

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713092845j:image

左手に買ったばかりのマンゴーを、右手はバイクの後ろにあるバー(つかまり棒?)に。肩にはずり落ちそうなカバン。

しかも、よく考えたら私、バイクに乗るのは初めて。もっとよく考えたら、二人ともノーヘルなんですが。

※アンティグアではノーヘルで乗っているバイク乗りが多いです。

 

右手に力を入れてバーを握るも、後ろから綺麗に落ちる私が鮮明にイメージ出来る。力を入れるのがいけないのかな?と思い、リラックスしてみるも、やはりつかまらないと落ちてしまう予感。早く着いてくれ…と思いながら、耐えて…

 

無事にスティ先に到着。

 

スティ先まで約3分なのですが、今までで一番長く感じた3分でした。

 

本当に怪我もなく生きてて良かった…。

部屋に戻って、バイクの後ろに乗る人が安全につかまる方法を調べてみたのですが、内ももに力を入れて踏ん張るのがいいんですね。

参考にしてください〜。ちなみに後ろのバーにつかまる方法は、暴走族が出る漫画で知りました。京四郎やカメレオンとか…

 

以上です〜。

 

 

〜最近のおすすめ漫画〜

"約束のネバーランド"

f:id:mabushisugirutaiyou:20170713095452p:plain

 

最初は子供の漫画はちょっとな…と思って読んでいなかったのですが、LINEコミックで一冊試し読みキャンペーンしていたので読んでみたところ、思っていたのと違って面白くてハマりました。

内容をざっくり言うと、心理&頭脳戦漫画ですね。早くも消えてしまったのですが、私はアフリカ系シスターのキャラが好きです。

 

では〜。

  

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ユダは誰だ

 

 

はろー。

アンティグアに滞在し始めて2週間ぐらい経ちました。

ホームスティ先のご家族は親切、ご飯もおいしい、wifiも使える(たまに切れるけど)、シャワー(お湯の水圧弱いけど)&トイレ付きの個室で快適なんですが…

 

そろそろ…

 

お風呂に入りたい。

 

 

そうなんです。

シャワーは使えるんですけど、バスタブはないんですね。

海外にお風呂文化なんてものはないと分かっているのですが…ドイツでは奇跡的にバスタブ付きのアパートを借りることが出来たので…

"バスタブ付きのアパートに住めて、毎日お風呂に入ることが出来たドイツでのあの生活は夢だったんだ…" と、ドイツを離れてまだ1ヶ月も経っていないのですが、遠い昔のようです。

 

 

そうそう、聞いてくださいよ。

ドイツ出国日の前夜にですね、"これからはシャワー生活に突入だし、これが最後の晩餐ならぬ最後の風呂か…" と思いながら、お湯をためようとしたんですよ。

そしたら、同居さんから「ちょっと待って。給湯器のガスが働いていなくて、水しか出ていないみたいだから蛇口を閉めて!」とのお言葉が。

"そうなんだ〜、まあ、すぐ直るっしょ!"と軽く考えながら復活するのを待っていたら、まさかの原因不明の給湯器故障により風呂はおろかシャワーも浴びることは出来ない事態に。

イエス・キリストが処刑される前夜、十二使徒と共にとった夕食、またその夕食の席で起こった…との物語がある最後の晩餐そのもの。

 

ゆ、ユダは誰だーッ!?

給湯器、お前かーッ!?イエスはユダの裏切りを知っていたらしいが、私はお前の裏切りを聞いていなかったぞ!

 

よって、ドイツ最後の夜は悲しい思い出となってしまったのです…

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170630113741j:image 

〜最後の風呂(裏切りにより入れず)〜

 

話を戻して。

アンティグアに着いてから気付いたのですが、町から噴煙が出ている火山が見えるんですね。フエゴ火山っていう名前らしいんですけど。他にも富士山に似たアグア火山(多分、休火山?)がありまして。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170630115158j:image

〜アグア火山〜

 

火山があるということはですよ!

 

そう!

火山につきものの、温泉が近くにあるはずですよ!

期待しながらネットを調べたのですが、チキンバスに乗って1時間以上かかる?アンティグア郊外にあるのみで、アンティグアの町ん中にはないみたいなんです。1時間以上もかかる道を通って温泉に入りたいわけではないので、秒速であきらめました。

 

そんなわけで、お風呂大好き人間にあるまじき、禁断のシャワー生活を更新中です。

でも、他の家では断水により洗い物が出来ない!という事態がちょくちょく発生するみたいなので、お湯を浴びれるだけでもありがたいですね。

 

 

以上です〜。

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170630111118j:image

〜市場(mercado)にあったDVD屋〜

他のDVD屋さんもこういう風に展示されていたんですよ。グアテマラではこの売り方スタイルなのかしら。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170630115647j:image

〜上の写真にある、テレビに映っているゴレンジャーらしきヒーローがコーンフレークのイメージキャラクターになっていた〜

こっちではスパイダーマンとかのアメコミヒーローよりゴレンジャーの方が人気あるのかしら。

 

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

蚊に愛されし女

 

 

はろー。

グアテマラに来てから、蚊にさされまくっているまぶい太陽です。

どのぐらいさされまくっているのかというとですね…

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625134628j:plain

〜こう叫びたいぐらい、蚊に愛されています〜

ちなみにですね、一生に一回は言ってみたいセリフは「…み…みえるのか…あなたにはあの星が!」ですね。「ええ、はっきりと…」と返してくれる相手も募集しています。

 

そんな蚊に愛されている私が急いで買った虫刺され&虫除け効果のある塗り薬がこちらである。 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170625135945j:image

 〜"COFAL Fuerte"という塗り薬〜

本来の使い道は筋肉痛用なのですが、ネット検索をするとこれが効くとあったので…

塗ってみるとスースーとした清涼感があり、かゆみをそれほど気にしなくていい感じです。これを首とかに塗れば、ひんやりするから暑い時とかに塗ると良さそうですね。薬局(Farmacia)で31.28Q(約470円)でした〜。ドイツでは刺されなかったのに…(ポーランドとクロアチア旅行中は上から下まで刺された)

 

 

ところでですね、海外でトイレに入るたびによく思うのですが、トイレの便座をおろさないで用を足す女性って多くないですか?

便座が上げられた便器を見るたびにですね、"金田一少年の事件簿" のあの説は日本でのみ有効だな…と毎回思ってしまうんですよ。

 

 

あの説とは↓

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625144646p:plain

〜この女性にしか見えない人が実は…〜

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625144758p:plain

〜実はオ・ト・コ〜

 

もし、金田一少年の説の通りだとしたら、見た目は女性だけど身体は男性…の方が多いんですかね。そうだとすると、元は男だと全然分かんなかったなあ!

 

 

以上です〜。

 

なんか古い漫画ばかりアップしているので、最近のおすすめの漫画でも紹介しますね。

 

"恋は光"

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625150744p:plain

あらすじをざっくりいうと、"恋の光"というものが視える主人公と周りの女性の恋の話ですね。女性が恋をしているとキラキラと輝く光が視える主人公なのですが、主人公をずっと昔から好きな女性からは光は視えないという。

光の正体は?という謎解きだけでなく、登場人物のゆるいトークとかが心地よくて好きな作品です。最近発売された6巻は、「おお!?やっぱり光っていたのか!」と思うような展開で、次巻が待ち遠しいです。

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

漫画でかじったケンカの知識

 

 

はろー。

現在、グアテマラのアンティグアに滞在しているのですが、首都のグアテマラシティーよりは安全とはいえ、アンティグアもまあまあ危険らしいんですね。

 

スペイン語学学校の先生が話していたのですが …

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623122843j:image

〜スペイン語を教えてくれるジョギングが趣味の先生〜

 

朝、ジョギングをしていたところ、強盗に襲われそうになったそう。

ナイフや銃で脅されたとかではなく、すれ違いさまにポーチ?に手を伸ばされたとな。「スリですか?」と聞き直したけど、" 強盗" らしい。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121257j:image

幸い、無事に何事もなく逃げれたそうなのですが。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121500j:image

「危ないな〜」と思いながら聞いていると…

先生、何やらひらめいたようにいそいそとカバンから鍵を取り出す。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121305j:image

「襲われたら鍵を相手の顔にひっかけるのよ!」と見本を見せてくれた。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121308j:image

それを聞いて、私は「いや、こういう風に鍵を握ってグーパンチですよ」と技を見せる。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121316j:image

「顔に傷つけるのもいいですけど、やっぱり眼を狙わないと…」

そして、護身術講座を続ける。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121302j:image

「腕時計を手にはめて…」

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121312j:image

「こう握って、グーパンチですね。」

※メリケン代わりとして使う。腕時計がなくても道に落ちている小石とか何かを握って殴ると素手で殴るのに比べてパンチ力がアップするからおすすめ。そういえば、京四郎という漫画で新聞メリケンという技があったが、あれは効果があるんだろうか…

 

そんなうんちくを語って、気がつくと先生の反応はこんな感じだった。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121321j:image

 

 

 

抵抗しない方がいい場合もあるかもしれないけど、反撃方法を全く知らないよりは知っていた方がいいと思うんですよね。なので、参考にしてください〜。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623121813j:image

〜アンティグアの町が見渡せる十字架の丘(Cerro de la cruz)というところにて撮影〜

強盗にあうと有名な場所で、早朝、夜は控えた方がいいとのことですので気をつけてください〜。※運動のため明るい時間帯に何回か行ったのですが、見張りの警察?もいるし危険は感じなかったです。

 

 

以上です〜。

 

私がケンカの知識を得た漫画の1つである "京四郎"

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170623135936p:plain

 

"狂四郎2030" でも"KYO"でもないよ!

"ホーリーランド"もケンカを学ぶとしてはおすすめなのかなあ。途中までしか読んでないけど。あ、"ブラックマンデーナイト"も面白いですよね。

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

新天地

 

 

はろー。

ただいまですね、ロンドンからグアテマラに移動して、アンティグアのスペイン語学校にてスペイン語を勉強しております。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620133103j:image

 

 

「ドイツ語は!?」と突っ込みはおいといてですね、グアテマラは90日間ビザなしで滞在出来るので、お金がなくなるのか先か…期限が切れるのが先が分からないですが可能な限り滞在してスペイン語の勉強を続けたいと思います〜。

 

「何故グアテマラ?」というとですね、正直ドイツに1年もいたのにドイツ語が全然出来なくてですね…胸を張って"ドイツに住んでいました!"と言えないんですよ。語学学校に通わないで独学で勉強していたのですが、英語の方が分かるという恥ずかしい有様でございまして。

なんか嫌だな〜…ともんもんしながら、ワーホリ終了後は南米をぶらぶらしようと情報収集をしていたら、グアテマラはスペイン語を格安でマンツーマンで学べるという情報が。

知らなかったのですが、"英語を格安で学ぶならフィリピン" というように、グアテマラも "スペイン語を格安で学ぶならグアテマラ" と有名みたいなんですね。

私は耳が聞こえないから語学学校に通うとなると、どうしてもマンツーマンで筆談をお願いせざるを得ないのですが、ドイツの語学学校だと1回90分の授業が平均50ユーロ(約6200円)以上はしてしまうんですよ。

 

 

でも。

グアテマラなら…

そう、グアテマラなら!

 

1日4時間の週5日コースを88USD(約9800円)で受けることが出来るんです!しかも、マンツーマンで。

ATABALというスペイン語学校のコースです。

 

しかも、週7日で三食付き(日曜はなし)のホームスティが 約65USD(約7200円)で出来てしまうんですね。

 

 

元々、ひぃひぃ泣きながら毎日みっちり語学学校で勉強してみたいと思っていたのです。なので、すぐに「耳が聞こえないから筆談形式で授業を受けたいけど、大丈夫ですか?」と問い合わせて、あっさりOKの返事をもらって…今に至ります。

 

正直、グアテマラには全く興味がなかったのですが、耳が聞こえない私にとってマンツーマンで格安で学べるということは本当にありがたいです…!

そんなわけで、グアテマラ生活編が始まります。

 

 

以上です〜。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620130042j:image 

〜アンティグアのスーパーにて発見した3Lのジュース〜

さすが南米だな〜と思ったら…

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620130043j:image

 

3.3Lだと…初めて見たよ…

 

あ、前回の"ロンドンの風〜"の記事、ちょっとお絵かきとか加筆してアップし直しました。 

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ロンドンの風を文字通り全身で感じました

 

 

はろー。

現在、約11ヶ月滞在していたドイツワーホリを終了し、ロンドンに観光に来ております。そして今日は、このためにロンドンに来たと言っても過言ないイベントを体験してきました!

 

昼過ぎにある公園に集合。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170611061431j:image

〜めっちゃいい天気〜

昨日は羽織りが必要かな…というぐらい肌寒い感じだったのですが、一転して快晴。絶好のイベント日和…!

 

だんだんイベント参加者が集まり、開始時間が近付くとスタッフの案内のもと…

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620110843p:image

服を脱いで…

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620111708j:image

全裸になってスタンバイ。

 

 

もちろん、私だけでなく周りも裸に。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170611065126j:image

〜写真はWNBRのツイッターからお借りしました〜

 

そう。

" World Naked Bike Ride (WNBR) " というイベントに参加してきました。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170611084803j:image

 

WNBRとはですね、" 石油依存やめようぜ" というスローガンのもと裸でサイクリングしながら訴えるイベントであります。アメリカのポートランドが一番大きい開催地みたいです。

まあ、環境保護なんちゃら謳っておりますが…" ロンドンの街中を裸でサイクリング出来ちゃうぜー!?" というのがメインですね。

※自転車じゃなくても一輪車やローラースケートでもOK。走っている人もいたけど、石油を使う車やバイクでなければOKらしい。

 

 

結果はですね、楽しかったです。

ビッグベンなど有名箇所を通るコースになっており、ロンドンのど真ん中を全裸で走れる貴重な体験になりました。そして、前も後ろも右も左も裸、裸、裸…の裸の集団で走る一体感。この感覚はなかなか味わえないんじゃないかと。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620113129j:image

〜前から見るとこんな風景〜

 

イベントの時間帯は道路を全面的に封鎖するのかなと思ったら、封鎖されていないところもあって普通に隣を車やバスが走っていました。でも、裸のスタッフが先頭に立って引率しながらのサイクリングだったので安全に走ることが出来ました!

 

写真は裸ばかりせ載せられないので、こちらのニュース記事をクリックしてください〜。

 

www.standard.co.uk

 

参加費は無料なので、是非皆様も体験してみてはいかがでしょうか♡

全裸に抵抗がある方は、パンツ履いててもOKですよ!

ちなみに自転車は街中にあるレンタルサイクルステーションからお借りしました。(一応、サドルにはタオルを敷いた)

ちなみにちなみに、アジア人からしつこいぐらいめっちゃ写真撮られるので(集合場所に撮影目的で来てるっぽい)、嫌な方は仮面とか被った方が良いと思います…。

 

私はですね、そもそもこのブログを書いていることを身内にも言っていないので、バレたら…

f:id:mabushisugirutaiyou:20170620114550j:image

こんな顔をしてシラを切ろうと思います。

あとですね、99.9パーセントないと思いますが、上流家庭のおぼっちゃまと結婚することになって身辺調査とかされてバレたら

「お義母さま、違うんです!あのブログは…アカウントをのっとられてしまったんです!あれは私じゃないんです…!」と乗り切るつもりです。

 

 

以上です〜。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170611094134j:image

〜サイクリング中ではなく、歩いている時に発見したロンドンのLGBT信号〜

"The National Gallery"の近くににありました。良いですね〜。

 

 

では〜。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村