まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツワーホリが終了し、現在はグアテマラでスペイン語を勉強中のブログです

ドイツ手話講座2〜1講義目

 

 

はろー。

こちらドイツは、昨日の夜中にサマータイムに切り替わり日本との時差が7時間になりました。日本が夜中の00時だったら、ドイツは前日の17時ですね。

私はドイツには腕時計を1つしか持って来ていないのですが、日本に置いてある別の腕時計も含めると10個位所持していまして。なので、アナログ腕時計をいっぱい持っている人はサマータイム開始、終了のたびに時計のネジまわしをするの大変そうだなあ…と、どうでもいい想像をしながら現在所持している腕時計の針を修正。

 

 

本題へGO!

今更ですが、前回の講座終了日から1ヶ月半の時を経て始まったドイツ手話講座のシーズン2。(とっくに2月から始まっているのですが、そこはご愛嬌。)

新たなるシーズン2のメンツは、シーズン1のメンバーが何名かに減って新メンバーが一人加わったのみですが、改めてお互いに名前を紹介して授業が始まりました。

 

まずは、シーズン1に勉強した手話の復習。

アルファベット、時間、月、数字、Wがつく質問手話(wie)とか。

 

復習だけでなく、「この手話はもう1つの表現方法があるよ」といった感じで新しいことも教えてもらいました。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170220073356j:image

例えば、Äの指文字は 左側のように上下に動かすって習っていたのですが、右側のように表すこともあるそうな。

※Ä、Ü、Öのイラストのそれぞれの右側の手は上下に動かさない。

 

 

あとは話の流れで教えてもらった手話。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170328051019j:image

〜都市(die Stadt)〜

左手は手の平を上にしておく。そこに右手を絵の形にして指先を刺すようにする。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170328051250j:image

〜住む(wohnen)〜

2つの表現方法があって、どちらで表してもOK。

左側の場合は、両手を絵の形にして同時に下へ動かす。右側の場合は、右手の人差し指の側面が頰に当たるようにして2回下にこする。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170328051027j:image

〜チョコレート(die Schokolade)〜

両手の人差し指の先端を2回くっつける。

これは、「好きな食べ物は?」って聞かれたので、「チョコレート!」と回答したんです。

 

 

以上です〜。

昨日はですね、"浦沢直樹の漫勉" の過去動画をひたすらずっと見ていて一日が終わりました。へへへ…。

 

www.nhk.or.jp

 

漫画家達の仕事場に密着して、固定カメラで明らかになる漫画家たちのペン先を公開する…という番組なんですよ。

好きな番組でして、何回も見たくなるんです。"ゴルゴ13" のさいとう・たかを先生の回なんて神回で、デューク東郷を下書きなしで眉毛から描くとか、修正液はタバコの火を近づけて消すとか。"スカイハイ" の髙橋ツトム先生は薄墨を塗ったものをスキャンしてトーン化するとか。別に漫画家を目指しているわけではないのですが、"おおー…" といった職人技を見ているような感じで夢中で見続けてしまいます。

番組オープニングの "漫勉"のマーク?をインクでスッスッと描いている様子もすごい好きですし。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170328054258p:plain

〜これ。オープニングで出てくる。〜

 

ちなみに浦沢直樹先生って去年の冬に不倫疑惑をスッパ抜かれていたので、番組終了か!?と心配していたのですが、普通に継続しているようで安心しました。

最近 "ヒストリエ"の新刊がやっと出た岩明均先生など、色んな漫画家がもっと出て欲しいですね〜。

 

では〜。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

やる気スイッチはどこにありますか

 

 

はろー。

例の語学学校に他のところでも空いていないか聞いていた件ですが、全滅でした。

空きがあればハンブルクだろうがミュンヘンだろうが、「わたしは一向にかまわんッッ」と答える準備をしていたのですが…全滅とは。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170323213241p:plain

 〜こんな風に答え、すぐに引っ越して通うつもりだった〜

ドイツ語だと "Alles in Ordnung !! "って訳するのかしら。うーむ、google翻訳だと"Ich habe nichts dagegen Überhaupt !! "か〜。ちょっとセリフが長いかな。Amazonにバキのドイツ語版ないか探してみたのですが、ないようですね。フランス語版はあるようですが。

というか、漫画だから突っ込んでも仕方ないのですが、バキの登場人物、日本語や外国語がうまい人が多くて悔しいです。戦ってばかりなのに、なんで皆話せるの…って思います。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170323224433p:plain

〜現在は "刃牙道" シリーズで、現代に甦った宮本武蔵と戦うお話やってるよ〜

 

 

話を戻して。

ただ今、ろう者のための語学学校があると分かってからは、せっかくだからそこに行ってドイツ語もドイツ手話も習得したいという気持ちが強くなっていまして。なので、語学学校に行くためのビザを申請して来年またドイツに行こうかな〜と考えています。

 

いやあ、正直言ってドイツに興味ないんですよ。

最初はメキシコや南米あたりにワーホリ協定国があれば、100%そっちに行きたいって思っていたのですよ。でも、ドイツに来て住んで、現在はまたドイツに来ようと考えている私がいまして。意外とドイツに縁があるのかなあ…と思っています。人生、何が起きるか分からないですね。

 

 

以上です〜。

 

LINEマンガで "きみが心に棲みついたS  "の配信が始まりましたね。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170323220231p:plain

 

超偏見的にあらすじをざっくり言うと、頭のイカれてる女が新たな依存相手にうまく寄生出来るよう頑張る恋愛のお話ですね。(ファンの皆様、申し訳ございませぬ。)

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170324052515j:image

〜超偏見的に勝手に相関図を描いてみた。大体合っているはず〜

 

頭がイカれている女が出る漫画って、"未来日記" や "危ノーマル系女子"でも出てくるんですけど、皆突き抜けているんですよ。でも、"きみが心に棲みついたS"の主人公は、突き抜けていなくて人間らしくもあり、普通であろうとするからこそ感じられる狂気がヤバいですね。ご主人様に命令されて、いざ実行すると怖気付いて途中で立ち止まったくせに、どれだけ会社の名に被害を与えたか考えもせずに噂されるとめそめそ泣く主人公のクズっぶりはすごいですよ!

だから、"主人公はご主人様から逃れようとしてるけど、お互いクズ共依存なんだしお似合いなんじゃないの?それよりも主人公の彼氏逃げてー!" という感じで続きが気になる漫画です。

 

相関図を描く暇があるなら、ドイツ語の勉強をすべきなんですけど…語学学校に今年は行けないって分かってから、なんかやる気出なくなりましてね。昔よく家に来た進研ゼミの申し込み漫画みたいに勉強のやる気が出る漫画ないですかねえ。"ドラゴン桜" 以外で。

あーあ、読むと IQ が高くなる漫画ないかなあ。昔読んでた "金田一少年の事件簿" は推理系で頭良くなりそうな感じだけど、私は推理しないで普通に読んでたからちっとも賢くならなかったんですね。

そう言えば IQ が低くなる映画と言えば、 "マッドマックス 怒りのデス・ロード" が代名詞になっているけど、漫画だとなんだろう。"ムダヅモ無き改革"かしら。でも、政治ネタの勉強にもなるしなあ。

 

 

…誰か私の後ろにある、やる気スイッチを押してくだされ。

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ人男性とディナーをご一緒した話

 

 

はろー。

パートナーのいない男性と二人きりで、がっつりディナーをご一緒した…話をしますね。

事の発端は、お互いの国の言語を教えあうタンデムパートナー募集の登録していたサイトで知り合ったドイツ人に「ご飯行きませんか?」って誘われまして。

まあ、元は、私が話の流れで「ここら辺でおいしいレストランあるなら教えてください」って話を振ったのがきっかけですね。失敗失敗。そのつもりで釣り餌を投入したわけではないのですが…

 

ちょいちょいメッセージのやり取りはしていたけど、どうでも良い話ばかりで相手のことを全く知らないではないか。何歳かも知らない。

ちょっと前に「日本へ出張へ行ったよ!」とは聞いたけど…私は興味なさ過ぎて深く知ろうとしなかったんですね。ちなみにどうでも良い話とは、私が「宝くじ当たったら一生遊んで暮らしたい」ってジョークを言ったのに、割と真面目に「宝くじが当たっても幸せではありませんよ」と言われた話とか。

 

でも、他のメッセージが来る相手みたいに「今日、暇?僕の家でDVD鑑賞しない?」といった"肉体関係を持ちましょう"っていう感じが全くなかったのでお会いしてみることに。ドイツ語の会話練習にもなるし。

 

そんなわけで急遽決まったディナー。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319012101j:image

〜私の勝負服〜

ストライプシャツに黒ズボンのカジュアル過ぎる、オンナの香りが一切しない服装である。あ、靴はスニーカーね。

 

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319011739j:image

〜今夜の舞台〜

 

 

店の前に着くと、同じく待ち合わせをしているらしき男性がいる。

ちなみに、私は相手の顔を全く知らない。

そしたら、「まぶい太陽ですか?」と話しかけられる。

 

おお…あなたが。ロミオなの?

お会い出来て嬉しいです。

心の中で "えっと、お年を随分召されているようですが…"と思うも、店の中に入る。

 

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319011740j:image

〜店の中その1、ピアノが置いてある〜

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319011745j:image

〜店の中その2、素敵な内装〜

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319012206j:image

〜店の中その3、素敵な内装〜

写真は全てお店のHPからお借りしました。

 

ヒェッ。

これ、がっつりディナーじゃん。

でも、店の中は高そうな雰囲気だけど、ビッフェスタイルなので16.90ユーロで食べ放題というやつでした。十分高いけど…

 

 

さあ、リアルでお話を開始。

当たり障りのない会話をして、ここというタイミングで会った時から聞きたかった質問をする。ドキドキ…

 

 

私「何歳ですか?」(直球)

 

男「60歳です」(ズバン)

 

 

わーお。

なるほど。当然、ベルリンの壁崩壊もリアルタイムで経験されており、当時は東ドイツにいたとな。東ドイツか〜。"グッバイ、レーニン!"っていう映画があったなあ。

 

 "グッバイ、レーニン!"

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319021713p:plain

あらすじをざっくり言うと…

東ドイツが舞台で、主人公は反共産主義、母親はバリバリの共産主義。でも、母親が昏睡状態中にベルリンの壁が崩壊。母親は目を覚ましたけど、刺激を与えるといけないってことで「ベルリンの壁は崩壊してないよー」って主人公が周りと一緒に嘘をつく話。

 

 

あとは、「インターナショナルな会社で働きたかったからこっちに来たんだよ」とか「同僚に日本人がいるけど、彼らは必ず残業するね。ドイツ人の私達はさっさと帰るんだけどね。」とか色々お話し。

男性は、人と話をするのが好きでネットで知り合った人とよくご飯に行くそうな。

すげぇ。

こんな感じで2時間位お話しして終了。

この後、ホテルに誘われることもなく無事に家に帰宅。

ディナーの感想としては、私のひどいドイツ語にも辛抱強く耐えて会話してくれてありがたや…という気持ちでいっぱいです…!いやあ。最初に会った時に「急用が出来た」とか、宗教勧誘やあやしい投資の話をされなくて良かった。

 

 

私が行ったレストラン↓(中華風ビッフェ。久しぶりにエビを食べれて感激)

Asia 5Sterne Restaurants

 

 

〜注意〜

ネットで知らない相手と会うことになった不安いっぱいのあなたへ

①前もって警察の尋問ばりに問い詰め相手の素性を把握せよ。(さりげなく)

②会話中は、心理学をフル活用して相手の動きを観察せよ。

③お会いしてお別れした後は、事前に得た情報と相手が話していたことに矛盾かないか答え合わせ。また、話していたことや行動に違和感がないか回想をせよ。

 

あなたの良い出会いを願っています♡

こんなこと言っているから、私はやばいんですね。へへへ。

 

  

以上です〜。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170319021214j:image

〜ディナーのあとの帰り道にて撮影〜

桜っぽいピンクの花が咲いていた。

 

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

知らないことは実に恐ろしい

 

 

はろー。

いきなりですが、自分アホさ加減がイヤになります。

最近、聾のための語学学校があるって分かったんですよ。聾の移住者、難民者のための語学学校で、ドイツ語&ドイツ手話だけでなくドイツの文化や歴史まで教えてくれるという。

 

"Sprachschule Heesch"

www.sprachschule-heesch.de

 

 

いや、正確にはドイツに来たばかりの時、知り合ったドイツ人から「ケルンに住んでいる中国人の聾が語学学校に通ってるよー。」と教えてもらっていたのです。

でも、私は "語学学校=普通の人(聞こえる人)が通う学校" という思い込みがあって、 "へえ。すごいなあ。普通の語学学校に行ってるんだあ。マンツーマンで受けてるのかな?お金持ってるんだなあ!" と勘違いしてしまったのですよ。

語学学校の話はそれっきりだったのですが、最近、前述の中国人と話す機会がありまして「君はドイツ手話が出来ていない。語学学校は行かないの?」の話の流れから私は大きな勘違いしていることが分かったんです。

 

現時点で、ドイツに来て8ヶ月目。

やばい。あと4ヶ月でワーホリビザが終了するのに。いや、まだ4ヶ月あると思うべきか。

語学学校のコースは1000時間の受講となっているけど、途中で帰国することになってもいいから受けたい。

幸い、ドイツ各地に学校があってデュッセルドルフにもある。何故かベルリンにはないようだけど。

 

そんなわけで急いで申し込んだんですよ。

コースが5人以上集まらないと開催されないって書いてあったので、"大丈夫かな〜。集まってくれ!"と思っていたのですが…まさかの満員御礼。

しかも「あなたの名前は待機リストに入れるけど、通えるのは2018年になる見込みです」との回答。

 

2018年って…えっと…落ち着こう。今が2017年で〜…2017年度が3月で終わるから4月から開始ってやつかな?日本と年度の仕組みが一緒なんだなあ?

いや、違う。そもそも年度でいうと今は2016年度だし、4月からは2017年度になる。むしろドイツにそんな年度の仕組みはないし。

え…通えるの来年じゃん…!

 

 

うわあああああ。

 

こんなことなら、ドイツ人に教えてもらった時にすぐ学校名をネット検索するべきだった。

ふ、ふふふ…ドイツに行くんだったら、少しはドイツ語やドイツのこともっと勉強すべきですよ…何も知らない状態で行くべきではないですね。

 

ドラゴン桜のあのセリフを思い出します。

"「知らない」ということは実に恐ろしいってことは恐ろしいことなんだ"

f:id:mabushisugirutaiyou:20170318054442p:plain

〜読んでいた当時は、"うんうん。その通り"とか思ってたのに全然学んでいない〜

 

 

現在、今すぐ入れる別の語学学校はないか聞いているのですが、どうしよう。

最近また会った中国人に「デュッセルドルフは満員で入れない…」と話したら「ケルンに来るなら、ケルンの担当者に聞いてみるよ!」と言ってくれたけど。

もうワーホリは終了して南米周遊しようかしら。ワーホリ終了してからヨーロッパを回ろうと思っていたけど、ビザが切れるとドイツだけでなくシェンゲン加盟国からすぐ出ないといけないから、旅の計画を練らないと。

※シェンゲン加盟国→ドイツ、イタリア、フランスとかのほとんどのヨーロッパが加盟している。なお、イギリスはシェンゲン加盟国ではない。私はドイツのビザがあるので、シェンゲン加盟国は自由に行き来出来るが、ビザが切れると、ドイツだけでなくほとんどのヨーロッパは入出国不可となる(トランジットも不可らしい)。

 

 

ちなみにオランダに住んでいる韓国人の聾とも知り合ったのですが、オランダには耳の聞こえない移住者や難民者のための語学学校はないんですってー。「障害者手帳もないから、ドイツは良いね〜」って言ってました。

 

誰か、私の明るい未来を祈ってくだされ。

以上です〜。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170315215810j:image

〜近所の公園にて撮影〜

寄生獣の誕生の種みたい。丸かったら完璧なんだけどなあ。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170318054742j:image

〜似てません?〜 

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

エチオピア2日目〜ダナキルツアー開始

 

 

はろー。 

エチオピア旅行日記の続きです〜。

 

たっぷり寝て早起きしたので、シャワーを浴びて朝の町を再びぶらぶら。(シャワーの水圧、温度がドイツの家よりも良さ過ぎて複雑な気持ちになった)

集合時間(9:30)が近づいてきたので、宿に戻ってチェックアウトして旅行会社の事務所にGO。事務所にいらない荷物を預けて、最小限の荷物だけ装備ッ!

 

 

 

〜ダナキルツアーに絶対必要なもの〜

トイレットペーパー(青空トイレで必要)

登山靴(スニーカーでも大丈夫そうなので、私は用意しませんでした。実際、私のスニーカーは滑りにくいので大丈夫だったけど、また登るとしたら登山靴を用意します。)

懐中電灯(ヘッドライト。日本に置いてあったので、日本一時帰国時に忘れずに持ってきました。ヘッドライト持ってくるぐらいなら登山靴も一緒に持ってくれば良かったなあ…登山靴って地味に重いし、かさばるんだもん…厚い靴下も用意しないといけないし…でも、スイスの山トレッキングしたいなあ。)

 

〜私が用意した荷物〜

・着替えはTシャツ一枚のみ。(砂漠のツアーだからシャワー浴びる機会がないと思って。荷物は車に預けることも出来るから、気になる方は用意すればいいと思います。)

・スイムタオル(乾くの早いです)&ミニタオル

・歯磨きセット、石鹸

・ビーチサンダル(シャワーがある場合を想定して。)

・汗拭きシート(シャワーを浴びれない時に。)

・ランニング用の薄いジャンパー

・iphoneの充電器(コンセント付きの宿に一泊する際に充電出来ました。)

 

〜旅行会社が用意してくれるもの〜

・たっぷりの水(乗車する車のドライバーさんに「水ください」って言えばもらえます。制限もなく、たっぷり飲めました。基本的に灼熱の砂漠ツアーなので冷えているのを期待するのはやめましょう。)

・ご飯(コックさんが同行して作ってくれる)

・キャンプ用品(寝袋とか)

・警備のためのソルジャーとか入場料とかガイド諸々。

 

 

〜私は用意しなかったけど、必要な人は用意した方がいいと思うもの〜

・日焼け止め

・帽子&サングラス

・カメラのバッテリー

・水着(死海っぽい湖で泳ぐ機会があります)

・絆創膏(火山のトレッキングで転んだ時のために)

 

 

さあ!TOYOTAの四輪駆動車に乗り込み、れっつらごー。

世界一過酷と言われている、ダナキルツアー3泊4日の始まりであります!

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170313010204j:image

〜四日間、一緒に同乗のメンバー〜

カナダ人夫婦(多分50〜60代。奥さんはイタリア出身だけど、カナダに移住したらしい。娘さんがカナダで教師をやってるとか。)

ドライバーさんの名前は忘れたけど、丁寧な運転でした。

 

 

町を出て、ひたすら走る走る。

道路は整備されているので、悪路ではなく快適でした。エアコンも効いているので暑くないです。たまに止まって景色を眺めて、どっかの町に止まってカフェで休憩して、昼飯を食べるためのどっかの町に行く。

ツアーは全体的に休憩時間めっちゃ多くて、もっと移動時間とか短縮出来るんじゃないかと思うぐらいでした。時間がない人は二日間のツアーを選択することも出来るんですけど、二日間だと私の目当てのところは行けなくなるんですよねー。

 

昼飯を食べるところに到着して、合流した他のツアー客と一緒に食事タイム。

旅行会社を出発した当初は私を入れて9人の参加者(欧米人、中国人)が、一気に30人ぐらいのグループになりました。日本人はいないようですね…

 

昼飯ですが、酸っぱい米の炒め物にこれまた酸っぱい野菜の組み合わせ。酸っぱいのが大嫌い(コールスロー、酢豚とか)な私は、お腹が空いていたにも関わらず二口食べて終了…晩御飯も酸っぱかったらどうしようと不安いっぱいになる。

あ、お金を払うと冷えたコーラやビールを飲めます。

 

 

あとはイラストでお送りします。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170313024151j:image

〜泊まるための村へ行く途中でラクダのキャラバンに通りかかったため、撮影タイム〜

 

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170313024144j:image

〜村に到着して、外に放置された木の皮で編んだようなベッドを指差されて「あなたのベッドです」と言われた衝撃〜

ベッドっていうけど、青空ベッドね。でも、意外とベッドの寝心地は悪くない…

野外で寝るのは初めてじゃないから別にいいんですよ。

むしろ衝撃的なのは、木の枝を集めて作ったような日除け用の簡単な家ですね。失礼ながら最初に見た時、家畜用の小屋かな?と思ったぐらいですよ。壁が木の枝だからすごいスカスカで、もっとワラとかで隙間なくアレコレすると思っていたんですよ。昼飯を食べたところはトタン屋根だったのですが…

ここ、メケレにいた時はそんな暑くもなかったのですが、村に近づくにつれ気温がだんだん上がってきて(車の温度計で確認出来る)、村に着いた時は40度超えているんですよ。熱風が吹いてきて、ペットボトルの水なんてお湯になってきているんですよ。

でもこの辺りはこのような作りの家が当たり前のようで、みんな大丈夫?と心配になるほど。

 

ちょこっと休憩してすぐ塩湖へ出発。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170313042516j:image

〜 一面の白い塩の大地!まぶしい!〜

ちょこっと舐めて見たけど、やっぱり塩だった。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170313024157j:image

〜水があるところへ移動して、ウユニ塩湖みたいな鏡張りの湖を歩く〜

エチオピアで体験したから、ウユニ塩湖行かなくていいですね!

夕日が沈むまで滞在。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170313024209j:image

〜村に戻って晩御飯〜

灯りがないから、各々ヘッドライトを装備して晩御飯タイム。

メニューはなんか入ったスープとパン、果物だったのですが、酸っぱくなかったので非常に安心しました!!お腹がすいていたので、おかわり。

キャンプファイヤーみたいに焚き火があると思っていたのですが、なかったですね。でも、夜空にたくさんの星が光っていて良かったです。 

 

食事後のガイドさんの説明を聞いた後は、トイレやシャワー&電気もない村ですることもないので秒速で就寝。

ダナキルツアー1日目終わり。 

 

以上です〜。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170314013918j:image

〜近所の公園にて。クロッカス満開で春らしくなってきました〜

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

エチオピア旅行〜メケレをぶらぶら散歩

 

 

はろー。

エチオピア旅行日記の続きです〜。

 

宿のチェックイン後は町を散歩。

メケレの町情報が全くないので、適当にぶらぶら。

 

意外と石畳があって、サンダルだと怪我しそうな感じです。

朝は寒かったのですが、だんだん日差しがきつくなって暑くなってきました。でも、乾燥した空気だから苦痛ではないです。

外国は数十カ国ぐらいしか行ったことないのですが、個人的には一番暑い国は東京(日本)だと思います。タイも暑いんですけど、あんなむわむわじめじめした真夏のコンクリートジャングルでネクタイ&背広を着なければならないサラリーマン文化を考慮すると、東京の勝負有りではないでしょうか…!

 

写真がないので、町の様子を描いてみますね。そもそも写真をあまり撮っていないんですけど…エチオピアから戻って1ヶ月以上も経っているのでだんだん記憶が薄れて来ています…

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170312043009j:image

〜町はこんな感じ〜

やっぱり写真があった方が分かりやすいなあ…というか、こんな絵ならipad Pro買う必要なさそうですね…でも欲しい。

 

町を散歩して気付いたこと。

1、路上に多くの靴磨き屋さんがいる。そして体重計は絶対そばに置いてある。(砂っぽい町なのに靴用クリームを使うの?と思ったけど、そもそもクリームはなかった)

2、多くのマネキンが外に出されている。もしくは、マネキンがぶら下がっている。

3、店の中は暗い。玄関には細長い葉っぱがおいてある(歓迎の文化らしい)

4、ロバが多い。

5、トゥクトゥクが多い。

6、まあまあ大きい町のはずだけど、意外に信号がない。

7、学校に通う子供の制服の色合いが渋い(濃い紫に濃い緑とか。でも違和感ない組み合わせ)

8、ロードバイク(自転車)に乗ってトレーニングしている現地人をよく見る。服装もロードバイク用だった。エチオピアって陸上競技のイメージが強かったのですが、自転車競技も盛んなのかなあ。

9、肉屋さんは店頭に肉の塊をぶらさげる。

10、蛍光カラー(主に緑)のサンダルがいっぱい売っている。

 

 

こんな感じでしょうか。

しばらくして、喉が渇いたので適当なカフェに入る。

カフェは、どこもメニューがないのが当たり前みたいなので注文しにくいですね。

エチオピアはマンゴー&アボカドジュースが有名みたいなので、それを伝える。

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170312061642j:image

 

これは…!めちゃくちゃ濃厚でねっとりしている。

マックシェイクよりも重い。スプーンですくって飲むのが正しい食べ方じゃないの?と思いたくなるぐらいです。ライムを絞ると更に美味しい。

でも、喉が渇いていたから氷入れて欲しいなあ…と思いつつ飲む。スタッフの兄ちゃんが、暇なのか話しかけてきたので筆談にて会話。

「店の壁はどうだ?最近、塗ったんだよ〜。イケてる?お金かかったけどね!うちは妹と経営していてね、こちらが妹だよ〜。」といっぱい話してくれました。

確かに、他のカフェと違ってオシャレな壁で暗くない。このカフェに入る前に別のカフェも覗いたけど、暗いし入りにくい雰囲気あったもんなあ。

残念ながら店の名前は忘れたのですが、そんな美味しい!ってわけでもなかったので良いか〜。ジュースは15ブル(75円位)。

 

 

別のカフェでも飲んでみようと思い、"F cafe"でマンゴー&アボカドジュースを注文。

あ、こっちの方が美味しい。ちょっぴり氷も入っているからありがたい。

ロードレーサー御用達のカフェなのか、ロードレーサーがちょくちょく入って来ていました。

 

" F cafe" の場所は↓ 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170307052500j:image

〜こちらの店は、googleマップで確認出来る〜

 

 あとは、"Qedamay Woyane Mall"という市場っぽいところをぶらぶら。服や、雑貨、スパイスとか色々売っていました。

 

そうそう、エチオピアのお金を両替していなかったので銀行に行って両替もしました。

結局、エチオピアの物価が安過ぎて、両替したお金は使わなかったんですけど…(宿代をUSドルで払った時にもらったエチオピアブルのお釣りで十分だった)

 

※注意!

エチオピアブルからUSドルへの両替は出来ないようです。空港で再両替しようとしたら出来ないって言われました…

 

 

こんな感じで一通り回って、宿に戻ってネットで晩御飯はどこで食べようか調べているうちに寝落ちして目が覚めると晩御飯の時間は過ぎてしまったので、そのまま就寝して1日目終了。

以上です〜。

 

 

大分前ですが、"孤独のグルメ"で有名な谷口ジロー先生がお亡くなりになられた…ということで、以前から気になっていた"神々の山嶺"を読んでみました。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170220064919p:plain

 

あらすじをざっくり言うと山でしか生きられない山屋の話ですね。

山の凄さ、恐ろしさ、極限状態の人間の状態が丁寧に美しく圧倒的に描かれていました。

私は、ハイキング程度の低い山なら何回か登ったことがあるのですが、ピッケルやハーネスを使ってまで登りたいとは思わないんですよね。なので、この漫画を読んで、"エベレストは絶対登りたくない" と強く思いました。

出来れば日帰り登山か、泊まるなら寒くないところでたっぷり寝て、生きて帰りたいです…!

 

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

海外に住むなら在留届を提出

 

 

はろー。

先日、デュッセルドルフ中央駅で通行人が襲撃される事件が起きましたが、私は無事です。

その時は家にいて全く知らなかったのですが、在デュッセルドルフ日本国総領事館から "デュッセルドルフ中央駅で障害事件発生" というメールが届いたので事件の発生について知ることが出来ました。

 

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170312004218j:image

 〜在デュッセルドルフ日本国総領事館からもらったメール(第1報)〜

 

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170312004518j:image

在デュッセルドルフ日本国総領事館からもらったメール(第3報)〜

 

 

在デュッセルドルフ日本国総領事館からのメールは、在留届を提出する際にメールアドレスを登録したので、もらうことが出来るんですね。

※海外に住所を定めて3ヶ月以上滞在する人は、在留届を提出する必要がある。

最初は、在留届を提出するのめんどいなあ…と思っていたのですが、ネットから簡単に提出出来て時間もかかりません。よって、在留届はネットから提出することをおすすめします。

 

在留届を提出するなら↓

ORRnet - インターネットによる在留届電子届出システム

変更、帰国届もこちらから提出出来ますよー。

 

 

 事件だけでなく、デモがあるから注意するようといったメールも配信されます。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170312004225j:image

 〜これは、反イルカ漁デモがありますよーっていうお知らせメール〜

 

こういうお知らせもしてくれるのでありがたいです。こういうお知らせメールって他の国でも配信されるのが当たり前なのかしら。

 

以上です〜。

話は変わるのですが、ipadを落としてしまい画面にヒビが入ってしまいました。

画面をタッチすると反応するので中身は問題なさそうですが、無数の細かいヒビのせいでものすごく見辛いです…

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170312020018j:image

 

ipadは、kindle、dマガジン、Netflix 用に使っているんですね。3つのアプリ(kindle、dマガジン、Netflix)はmacでも使えるから、しばらくはipadなくてもいいかなあと思っていたのですが、macで kindleや dマガジンを見るとなんか使いづらい。

私の ipad(mini Renta)は4年前位に買ったやつでして、画面の修理依頼だと約2万円かかってしまうので、いっそのこと買おうかなーと考えています。

 

Apple Storeに行って ipad Proも触ってみたのですが、ipad Proすごく良いですね。miniモデル(7.9インチ)で十分と思っていたのですが、Proモデル(9.7インチ)が欲しくなりました…!

何故かと言うと、Apple pencilでお絵かきしてみたらペンの感度が良かったんですよ。思ったところに線を描ける感じ。例えば、一本の線を引いて、最後の線から続きの線を引きたい場合、ちゃんとつながる感じといいますか。

以前に lineスタンプを作ろうと思って、お絵かき用の液晶タブレットの購入を検討したことがあるんですよ。でも試し書きをしたところ、ペンが思ったところに動かない上に、ものすごく高かったので購入しなかったんですね。(line スタンプは、絵を紙に書く&スキャンしたデータをマウスで色付けして完成&公開まで達成)

 

でも、これなら…そう、ipad Proなら…!思い通りの絵が描けるから、ブログ用の絵を描くにもちょうどいいではないか!ということで来週にでも駆け込み購入しそうな勢いです。

お金があれば即購入したいのですが、ipad Proについてもっと調べてから購入したいので思いとどまりました…ネットで調べるとipadの新モデル発表が今年の春にされるとか?春まで待とうかしら。春はもうすぐだけど。

 

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170312002045j:image

〜最近、衝動買いした水性ペン(30本セット)でお絵かき〜

頭の中のイメージ通りの色を出すためには絵の具が一番なんですけど、筆を洗うのめんどくさいんですよねぇ。

 

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170312002109j:image

〜全然関係ないけど最近ハマっているポテトチップ、おいしい〜

 

 

 では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村