まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツワーホリが終了し、現在はグアテマラでスペイン語を勉強中のブログです

絵本

 

はろー。

図書館で興味を持った絵本を見つけたのですが、新しいというか難しいな〜と思ったのでアップしますね。

 

 

本のタイトル:"Shakespeare ohne Worte"

www.amazon.de

 

 日本語訳すると "言葉のないシェイクスピア" というタイトルになるんですかね。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160831211518j:image

〜表紙〜

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160831211527j:image

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160831211538j:image

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160831211546j:image

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160831211551j:image

 

 

言葉がなく、セリフは全て絵と記号で表しています。

そんなのよくあるじゃんと思うかもしれないのですが、シェイクスピアをこれで表すのか、セリフを解読するのが難しいけど世界共通で読めるし、新しい言語でもあるな〜って思いました。頭が固くなっている私にとってはセリフの解読が難しかったです…!

 

この作者、他にも "言葉のないグリム童話" という本も出しており、表現方法すごいな〜と思います。

 

 

以上、おすすめの絵本でした〜。

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村