まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツワーホリが終了し、現在はグアテマラでスペイン語を勉強中のブログです

ドイツ手話講座始まる

 

はろー。

 

やっと念願のドイツ手話講座(VHS)が始まりました!

8月は夏休みのせいか、手話講座の始まりは9月からになっていたんです。

 

Gebärdensprache(手話)の講座↓

https://www2.duesseldorf.de/vhs/qualifizierung/gebaerdensprache.html

 

 

ドイツに来たものの、耳が聞こえないため語学学校は初めから通うつもりはなく、友達がいない状態だったんです。自宅や図書館でドイツ語を勉強し、街をあてもなく徘徊する毎日…

 

 

そんな私の心情を下の画像で表しますね。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160910045507j:image

 

 

間違えました。

 

 

「はやく ともだちがほしい!」です。

 

ついでに「うつくしくなりたい!」も叫んでおきますね。

 

 

話がそれました。

 

本題に行く前に、妖怪人間まぶい太陽である私の情報として。

生まれつき耳が聞こえないのですが、口話主義(手話禁止)のろう学校に通っていたため手話を全く知らなかったんです。※口話主義とは補聴器をつけて聞き取り、又は口を読み取り発音して会話しましょうという方針です。私は口話も手話も教えて、本人が分かりやすく授業を受けられる環境作りが大事だと思うのですが。

 

そんなわけで大学生になってから大学の手話サークルに入ったものの、あまり手話は使わなかったんです。でも、大学4年時に "全国ろう学生懇談会" が開催している全国から耳の聞こえない学生(ろう、難聴)が集まり交流しようというイベントにスタッフとして参加したいと思い、そこから意識して手話を使うようにしました。

 

なので、耳が聞こえないんだけど手話歴はまだまだという状態で、いまだに知らない手話がいっぱいあります。今では、口話で会話することはしなくなり筆談か手話のみになりました。※あくまでも私の場合であり、人それぞれの育ちや環境があります。

 

 

そんな、そんなわけで語学学校に行かない私が友達作るとしたら、手話講座へ行き、そこからクラスメイトと仲良くなるしか方法がなかったんです。もしくは、手話講座の先生を介してろうの方を紹介してもらうとか。

 

ちなみに、手話は世界共通ではなく、それぞれの国の手話があります。

また、ドイツ手話を覚えたらドイツ語も出来るようになるかといえば、それはないと思います。ドイツ語とドイツ手話は全く別の言語です。

私も英語を勉強時にどうせならアメリカ手話(ASL)講座へ行けば、英語も勉強出来て一石二鳥じゃん!と思っていたのですが、英語は使わないに等しかったです。よく分からないという方は、日本手話でもいいので手話講座へ行って体験してみてください〜。

 

 

早速、手話講座が開催される教室へGO!

おっと、10分前に来たが教室は閉まっているようだ。

…時間になったけど開かないなあ。

 

10分遅れて先生、現れる。

しかも、学習用資料のコピーとるから更に待ってくれとのこと。

 

 

落ち着け、自分。先生はろう者のようだ。ひとまず安心しよう。

 

早速、始まったけど、

当たり前のようにドイツ語がホワイトボードに書かれる。

しかも、くずしたアルファベットのため、n なのか u なのか読めない。

 

「Mimik」って何??ファービーのお仲間ですか?

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20160910055240p:plain

〜ファービー Furby 〜

 

 

 

やばい。

アメリカ手話講座(ASL)に通ってた時のアメリカ人先生は、言葉はなるべく書きたくない、どうしてもという場合は身振りでという方針だったんです。

 

 

学習用資料コピーを見ても、全然解読出来ない。

絵なんて載っていないですよ。

 

やばい。

 

 

先生が「Mimik」を指差して、それを手話で表す。

あ、「表情」という意味なのかな? 後で辞書で調べたら「表情」で合ってました。

 

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20160911011343j:image

〜 Mimik 表情〜

両手を上下にずらす感じです(Mimikと口パクしながら)

 

 

 

家に帰ったら、学習用資料を解読しないと!と焦りながら講座が終了しました。

 

 

講座終了後、早速先生のところへ行き、「私は日本から来た聾(ろう)です。」と話しかけてみる。「友達になってください!」と、つたないアメリカ手話&身振りで表してみたものの伝わっていないようで連絡先を交換出来なかった…

 

しょぼぼーんとしながらVHSの建物を出ると、手話で会話している男性二人組が…!!

"今でしょ!" と言わんばかりに話しかけ、「聾の方が集まっている場所があったら私を連れて行ってくれますか?」とお願いをして連絡先をゲット出来ました!

 

やったーーーーー!

 

これで友達作りの一歩を踏み出せそうです。

いや〜、友達作るのって難しいですね。ナンパと変わらない気がしてきました。

 

 

以上です〜。

では〜。 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村