まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツワーホリが終了し、現在はグアテマラでスペイン語を勉強中のブログです

リュックは何歳までOKですか?

 

 

はろー。

いきなりですが…わたくし、ファッションにはこだわりがありまして。

石田純一が "素足に皮靴" というように、私も "靴下は白色に限る" といったこだわりがありましてね。ええ、見えないオシャレですね。細かくいうと、他の色の線が入っているとかそういう要素はいらない、全てが真っ白な靴下ですね。更に細かく言うと、厚みのある靴下は絶対にNGですね。

大きな声では言えないのですが、最近は白色の靴下を見つけるのが難しくて、白色以外も履くようになったのですが… って、そんなことはどうでも良くてですね。

そんなファッションにはうるさい私なんですが、皆さんに聞きたいことがあります。

 

  

「リュックは何歳までOKですか?」

 

 

 

登山用のリュックではないですよ。街中、そう、シティー用のリュックですよ。

申し訳ないんですが、私は街中でリュックをしている中年の方を見ると、違和感を感じてしまいまして…いや、確かにリュック便利ですよね。両手が空いているから、物を簡単につかめますし。さらに、転んでもリュックがクッションになり背中を痛めなくてもいいという利点も。ワンダーコアは背負うことは出来ないけど、リュックなら背負うことが出来るから転んだついでに腹筋も出来ますよね!

でも、あのー…年相応の格好といいますか…いや、「年齢なんてただの記号」とか「35歳の女子アナがカラコンしているのは有りか無しか」といったように、年齢に振り回されているのは愚かですよね!いくつになっても似合う方は似合いますし、ファッションなんて人それぞれの素敵なこだわりがありますよね!(ごにょごにょ)でも、うちの両親がしていたら全力でやめさせ…。

 

あくまでも現在31歳の私の話ですが、29歳ぐらいの時でしょうか。ある日突然 "リュックはないかな" と違和感を感じてしまい、それからリュックはしなくなったんですね。

でも、ドイツに行くにあたって、簡単なリュックはあった方がいいかなと思って、折りたたみ出来る軽いリュックを買ったんですよ。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170505052919p:plain

〜これ。写真はHPからお借りしました〜

 

エチオピアでの火山トレッキング時にこのリュックをしたんですが、肩ベルト?ストラップ?の部分が細くて肉に食い込んで地味に痛い&ペラペラのリュックだから安定していないといった不満が出てきまして。それなら登山用リュックを買えばいいんですけど、実家に大小の2つもあるし…

 

そんなわけで最近は、私の希望の条件をクリアするリュックを探していたんですよ。

そして、ついに…見つかったんです!

 

これなんですけど…

f:id:mabushisugirutaiyou:20170505021700j:image

 

もう一度言いますね。

白色という点以外は希望の条件をクリアしているんですよ。街中を探し回って、やっと見つけた希望の条件をクリアしたリュックなんです。自転車乗りが使うような雨に濡れてもタオルで拭き取ればOKな防水加工、中にはちゃんと内ポケットが入った機能性、開け口はチャックが付いていてスリが手を出しにくい防犯性…これらの条件をクリアしているんですよ。

 

でも…これは…スターウォーズとのコラボモデル。

31歳の女が背負っていいものなのか。

31歳の女がスターウォーズのリュックを背負っているのは、さすがに痛い。黒色だったらバレないかもしれないけど、白色しかない。そもそも黒色だったらダース・ベイダーになっちゃう。

 

でも、機能性とかの条件はクリアしているんだよなあ。

…兄と弟に聞いてみよう!

 

〜弟からの返事〜

弟「いいと思うよ」

私「31歳の女だよ」

弟「ストーム・トルーパー(白マスク)が控えめなところがいい!」

 

〜兄からの返事〜

兄「31の女という観点から言うと、完全にない。でも、私(まぶい太陽)だったら、黒なら違和感なし」

 

 

くそう。誰も反対しないだと…誰か反対してくれ。

そんなわけでいまだに悩んでいるまぶい太陽です。

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170505044754j:plain

〜背負ったらこんな感じになる。写真はネットからお借りしました〜

今、adidas公式サイトを見たらキッズって書いてあった…

 

 

以上です〜。

 

 

〜今日の公園での写真〜

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170505054134j:image

春ですね。

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村