まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツへワーキングホリデー中の日常ブログです(現在、デュッセルドルフ在住です)

ドイツ手話講座 -(D) 2-3

 

 

はろー。

来週からヨーロッパをぶらぶらと旅行する予定なので、英語をABCレベルから復習しているまぶい太陽です。いやあ…エチオピアに行った時に「どこ出身ですか?」という英語がとっさに出てこず、やべえなと思いましてね。ちなみに正解は「Where are you from?」ですね。

 

 

さぁて。

ドイツ手話講座(D先生)の3回目。

 

まずはこのプリントをもらう。

「左側の文をドイツ手話で表す場合の文に直してください」とのこと。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170508044458j:image

 

(例文)

Ich bin Sandra. Ich bin 22 Jahre alt und wohne mit meinen Eltern und meinem Bruder zusammen. Wir wohnen in Düsseldorf.

私はサンドラです。私は22歳で私の両親と私の兄弟と一緒に住んでいます。私たちはデュッセルドルフに住んでいます。

 

(上の例文をドイツ手話で表す場合の文)

Ich  S-a-n-d-r-a.  22 Jahre.  Meinen Eltern  meinem Bruder mit wohnen.

Wir  Düsseldorf wohnen.

私 サ・ン・ド・ラ(名前は指文字)。22 歳。私の両親 私の兄弟 一緒 住む。私たち デュッセルドルフ 住む。

 

こんな感じになります。日本手話と同じですね。

※日本の手話にも2パターンがあり、"日本手話"と"日本語音声対応手話"というものがあります。ざっくり言うと、日本手話は「て、に、を、は…」といった助詞を省いて、「私 行く 学校」と順番に手話で表す。音声対応手話は「私は学校へ行く」と口パクしながら、「私 学校 行く」と順番に手話で表す。

ちなみに混合型で使っている、日本手話が基本だけど状況によって日本語音声対応手話も使う…という方もいます〜。大阪人が東京に行くと周りに合わせて標準語しゃべるっていう感じかと。

 

 

 お次のプリント。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170508044451j:image

〜独特のセンスのイラストですね〜

 

一番上の右端と一番下の左端がちょっと分かりにくいので解説しますね。

f:id:mabushisugirutaiyou:20170508062140j:image

〜怒らせる(ärgern)〜

両手をチョキにして、相手に向けて刺すような仕草を2回繰り返す。小馬鹿にしたような表情がポイント。

 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170512040700j:image

〜erklären(説明する)〜

両手一緒にビー玉を弾くように二回バッバッと繰り返す。

 

 

こんな感じで色々学びました。

以上です〜。

 

 

そうそう。

"ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲"を読んだのですが、面白かったです。

表紙が西原先生の絵なのですが、ほぼ高須院長のエッセイ本ですね。所々にクスリ…と笑えるユーモアがちりばめられていて、高須院長って文の才能もあるんだなあっていうのが一番大きな感想でした。

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170512041730p:plain

 

おすすめです〜。

  

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村