まぶしすぎる太陽の下でオレンジジュースを飲む

ドイツワーホリが終了し、現在はグアテマラでスペイン語を勉強中のブログです

蚊に愛されし女

 

 

はろー。

グアテマラに来てから、蚊にさされまくっているまぶい太陽です。

どのぐらいさされまくっているのかというとですね…

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625134628j:plain

〜こう叫びたいぐらい、蚊に愛されています〜

ちなみにですね、一生に一回は言ってみたいセリフは「…み…みえるのか…あなたにはあの星が!」ですね。「ええ、はっきりと…」と返してくれる相手も募集しています。

 

そんな蚊に愛されている私が急いで買った虫刺され&虫除け効果のある塗り薬がこちらである。 

 f:id:mabushisugirutaiyou:20170625135945j:image

 〜"COFAL Fuerte"という塗り薬〜

本来の使い道は筋肉痛用なのですが、ネット検索をするとこれが効くとあったので…

塗ってみるとスースーとした清涼感があり、かゆみをそれほど気にしなくていい感じです。これを首とかに塗れば、ひんやりするから暑い時とかに塗ると良さそうですね。薬局(Farmacia)で31.28Q(約470円)でした〜。ドイツでは刺されなかったのに…(ポーランドとクロアチア旅行中は上から下まで刺された)

 

 

ところでですね、海外でトイレに入るたびによく思うのですが、トイレの便座をおろさないで用を足す女性って多くないですか?

便座が上げられた便器を見るたびにですね、"金田一少年の事件簿" のあの説は日本でのみ有効だな…と毎回思ってしまうんですよ。

 

 

あの説とは↓

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625144646p:plain

〜この女性にしか見えない人が実は…〜

 

 

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625144758p:plain

〜実はオ・ト・コ〜

 

もし、金田一少年の説の通りだとしたら、見た目は女性だけど身体は男性…の方が多いんですかね。そうだとすると、元は男だと全然分かんなかったなあ!

 

 

以上です〜。

 

なんか古い漫画ばかりアップしているので、最近のおすすめの漫画でも紹介しますね。

 

"恋は光"

f:id:mabushisugirutaiyou:20170625150744p:plain

あらすじをざっくりいうと、"恋の光"というものが視える主人公と周りの女性の恋の話ですね。女性が恋をしているとキラキラと輝く光が視える主人公なのですが、主人公をずっと昔から好きな女性からは光は視えないという。

光の正体は?という謎解きだけでなく、登場人物のゆるいトークとかが心地よくて好きな作品です。最近発売された6巻は、「おお!?やっぱり光っていたのか!」と思うような展開で、次巻が待ち遠しいです。

 

では〜。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村